表紙の作成

Sigilには、画像の一部を切り抜いたり、文字を入れたりといった画像編集機能がありません。そこで、写真を編集して表紙にしたい場合は、画像編集ソフトを使ってあらかじめ加工しておく必要があります。

ここでは、無料ソフトの「Pixia」を使っています。こちらのサイトからダウンロードできます。
Sigilには、画像の一部を切り抜いたり、文字を入れたりといった画像編集機能がありません。そこで、写真を編集して表紙にしたい場合は、画像編集ソフトを使ってあらかじめ加工しておく必要があります。

ここでは、無料ソフトの「Pixia」を使っています。こちらのサイトからダウンロードできます。

Pixiaホームページ
http://www.pixia.jp/

Pixiaを起動させて、メニュー「ファイル」から「開く」を選択し、編集したい写真を開きます。

ツールバーの四角の絵のボタンをクリックし、ウィンドウ上でマウスをドラッグ(マウスの左ボタンを押しながらマウスを動かす)すると、切り取りたい範囲を指定することができます。

範囲が指定できたら、右クリックをして、開いたメニューから「トリミング」を選択します。

指定した範囲が、別ウィンドウで開きます。元の画像のウィンドウは、保存しないで閉じてしまってください。

では、文字を入れてみましょう。メニュー「描画」から「文字」を選択します。

文字ダイアログが開きますので、字体、文字の大きさなどを設定してください。ここでは明朝体を選択し、影付きの太字にして縦書きにしています。「スムーズ」にチェックを入れると、文字の輪郭が滑らかになります。

文字の色は、画面右サイドの上部にあるパレットで選択することができます。

文字ダイアログの「OK」をクリックすると、ダイアログが閉じ、未確定の状態の文字列が表示されます。貼りつけたい位置までドラッグして、右クリックし、開いたメニューから「このレイヤに貼り付け」を選択してください。

同じ要領で、著者名を入れたところです。

完成したら、メニュー「ファイル」から「名前を付けて保存」を選択し、JPEG形式([*.jpeg]または[*.jpg])で保存してください。

Sigilを開いて、表紙を付けたいEPUB形式のファイルを読み込み、左サイドの「images」というフォルダの上で右クリックをし、表示された「Add Existing Items」をクリックしてください。

開いたダイアログで、表紙用に作った画像ファイルを指定します。

「Images」フォルダの横の三角をクリックすると、読み込んだ画像ファイルの一覧が表示されます。

表紙にしたいファイルの名前の上で右クリックをし、開いたメニューから「Add Semantics」「Cover Image」を選択してください。この画像が表紙として指定されます。

電子書籍作成の手順

文字・文章の飾り付け

HTMLによる上級表現